• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

瀬戸焼振興ビジョン(瀬戸市地場産業振興ビジョン改定版)

ページ更新日:2017年5月18日

 

 本市では、やきものの歴史・文化をはじめとした地域資源の再評価を行い、これらを有効に活用して他地域との差別化を図るとともに、強みを生かすことによって地域産業を活性化することを目的として、平成24年3月に「瀬戸市地場産業振興ビジョン」を策定し、テーブルウェア及びノベルティを中心に振興施策を実施してきました。

 計画期間の中間年を迎えた平成28年度、陶磁器関連事業者が抱える新たな課題の顕在化や、ビジョンに基づき推進してきた各種振興施策について、目標を達成するため進捗状況や成果などの把握が必要な時期を迎えました。また、市政の最上位計画である「第6次総合計画」、陶磁器関連産業の振興施策と連携が必要となる「せとまちブランディング戦略」や「瀬戸市歴史文化基本構想」を策定しました。

 

 こうした状況を踏まえ、各種計画との整合を図るとともに、計画期間の後半における振興施策の再構築や目標達成状況を測る評価指標の設定などを行い、陶都瀬戸の産地力向上を目標とした振興政策を産地一体となって計画的かつ総合的に推進することを目的として、平成29年3月にビジョンの改定を行いました。

 なお、今回の改定では、計画の対象を地域団体商標「瀬戸焼」の商品群であるテーブルウェアおよびノベルティと明確にし、計画名を「瀬戸焼振興ビジョン」と変更して策定しました。

 

瀬戸焼振興ビジョンの概要

1.計画期間

 平成24(2012)年度から平成33(2021)年度までの10年間

 ※改定計画では、平成29年度(2017)年度から平成33年度(2021)年度までの5年間を計画期間とする。

  

2.目標

 陶都瀬戸の産地力向上
 瀬戸焼の産地として原材料の産出、高効率の生産を支えてきた分業体制、多種多様の製品を生産する加工技術、これらを礎とした新技術、そしてこれらを守り、引き継いできた職人たち。さらには自然、文化、産業などの観光資源とこれを活かす市民のおもてなしの心、瀬戸焼を愛する多くの市民。これら一つひとつの力を終結し、より高い効果を引き出すことによって産地力を飛躍的に高めていく。

 

3.基本方針

 (1) 稼ぐ力の強化

 (2) 技術・伝統の承継、育成

 (3) 瀬戸焼の価値・魅力の訴求

 

瀬戸焼振興ビジョン(1MB) 

  

 

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

Acrobat形式、Word形式、Excel形式をご覧いただけない方は、「資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)」のページよりソフトウェアをダウンロード、インストールすることでファイルを開くことができます。提供各社の利用許諾を十分に確認のうえ、自己責任においてダウンロードおよびインストールしてください。

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

お問い合わせ

産業課
工業係
電話:0561-88-2651