• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

☆病児・病後児一時預かり事業(ファミリーサポートセンター)

ページ更新日:2016年7月7日

病児・病後児一時預かり事業 (平成27年7月1日より利用料金・利用申込みが変更になります。)

利用日時  : 月曜日~金曜日(年末年始・祝日除く) 

午前830分から午後7時まで

 

預かり場所 : 病児・病後児一時預かり専用ルーム 「おひさま」 

(瀬戸市小金町42番地の5

 

対象児童  : 生後6ヶ月から小学校3年生までの児童 

(病気のため集団での保育・生活が困難なお子さま)

 

定員     : 1日6

 

利用料金  : 1時間 1,200円  (1日の上限 3,000円)  ※平成27年7月1日より変更

           持ち物    : 食事・おやつ・おむつなど保育に必要な物品

 

利用の仕方

1. ファミリーサポートセンターが行う入会講習会受講

  ⇒ ファミリーサポートセンター会員登録

※会員登録は随時受付しています。

  

 

2. 利用の予約 ⇒ ファミリーサポートセンターへ電話(TEL:0561-97-2525)にて予約(利用当日でもお問い合わせください。)

※平成27年7月1日より変更

利用当日、事前にかかりつけ医に受診し、所定の連絡票を記入してもらいます。

(受診の結果、症状によっては利用ができない場合があります。)

※かかりつけ医受診の際、文書料として窓口にて300円をお支払いください。

※お子様の健康状態は変わりやすいため、当日受診にご協力のほどよろしくお願いします。

 

瀬戸市病児・病後児一時預かり事業医師連絡票 

瀬戸市病児病後児一時預かり事業 医師連絡票(様式第6号)(39.0KBytes)

 

 

(注) 2日以上連続して利用される方で、お子さまの病状が落ち着いており、特に変化が見られない場合に限り、2日目以降のかかりつけ  医の受診は必要ありません。

 

3. 「おひさま」にて預入 保育開始

(保育は、子ども1人に対し、援助会員1名で行います。なお、おひさまには看護師又は保育士が常駐します。)

※ 保育時、容態急変の場合、陶生病院の救急診療を受診する場合があります。(別途費用必要)

 

 

4. お迎え時、料金を直接援助会員へ支払う

 

 

 

問い合わせ

ファミリーサポートセンター(せとっ子ファミリー交流館内)

 

瀬戸市宮脇町43番地

(0561)97-2525

 

受付時間:月曜日(電話受付のみ) 午前9時から午後6時まで

火曜日から日曜日     午前9時から午後6時まで

せとっ子ファミリー交流館休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌日が休館となります)

 

お問い合わせ

こども家庭課
ファミリーサポートセンター(せとっ子ファミリー交流館内)
電話:(0561)97-2525