• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

老朽空き家等解体補助金について

ページ更新日:2019年4月12日

 

平成31年度より、老朽空き家等の解体補助金の対象地域が拡大され、

市街化区域を対象に老朽化が著しい空き家等の解体に要する費用の一部を補助します。

なお、空き家等とは、1年以上使用されていないものを指します。

 

事業の対象となるのは、下記の条件を満たす方で工事に着手する前に申請が必要です。
次をご参照の上、都市計画課までお申込ください。 

 

なお、今年度の申込ついては予定件数に達しましたのでご了承ください。

 

 

補助対象

 

次の全てを満たしているもの

 

1.使用されていない状態が1年以上継続している建物であること

 

2.昭和56年5月31日以前に建てられた建物であること

 

3.住宅、もしくは建築面積100平方メートル以上の建物であること

 

4.老朽度評定基準表により老朽空き家と判断された建物であること

 

5.所有権以外の権利が設定されていない建物であること

 

【老朽度評定基準表】

 

老朽度評定基準表(19KB)

 

補助額

 

解体に要する費用の4/5 (上限60万円)

 

 

予定件数

 

10件

申込方法

 

申込書に必要事項を記入し、都市計画課窓口(市役所5階)へ提出してください。

なお、遠方等で窓口へ来られない場合は都市計画課までご相談ください。

 

【申込書】

老朽空き家等解体補助金申込書(26KB)

 

申込期間

 

平成31年4月15日(月)~5月10日(金) (土・日、祝日除く8時30分~17時15分)

 

※申込多数の場合は、5月17日(金)に抽選を行います。

 

 

【補助金交付までの流れ】

大まかなスケジュールは下記のとおりです。

申込→対象者決定→申請→交付決定→着手

 

対象者決定は5月末頃を予定しています。

そのため6月上旬までに解体に着手する場合は補助対象とならない可能性がありますのでご注意ください。

 

補助金交付までの流れ(27KB)

 

 

  

お問い合わせ

都市計画課
電話:0561-88-2686
スマホ版を表示