• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

瀬戸市オオサンショウウオ通信2013

ページ更新日:2013年9月12日

瀬戸市オオサンショウウオ通信2013

 

国の特別天然記念物オオサンショウウオは、夜行性で日中は川の中の岩陰などに隠れており、昼間にその姿をみることは地元の方でもまれなことです。しかし、5月後半から6月中にかけて、下半田川町の日向川で早朝や夕方に目撃されることがあります。8・9月には繁殖期でもあり活動が活発で、瀬戸オオサンショウウオの会・瀬戸市による夏・秋の夜間観察会に事前申し込みをしていただければ生息調査に同行してオオサンショウウオを見学する機会があります。ここでは地元の方などからの目撃情報などを紹介します。

  

※ オオサンショウウオは特別天然記念物に指定されており、国民共有の財産であるオオサンショウオを捕獲したり傷つけたりすることは法律で禁止されています。また生息地周辺は閑静なところですので、夜間騒がしくすることは迷惑行為となります。

 

 

 

〈最新情報〉

  

6月30日

  

午後1時から人工巣穴清掃を行いました。当日は、雲もかかって日差しも穏やかな日和でしたが、皆さん汗だくで清掃に熱心に参加してみえました。オオサンショウウオも2個体確認し、スタッフも含め50人程となった参加者は真近で観察することができました。

20130630suanaseisou1

 

人工巣穴には、25日とは違う体長95cmの個体が1個体確認されました。

20130630jinnkousuana2

 

25日に人工巣穴にいた個体(体長93cm)は、少し上流の堰の中で発見されました。

20130630jinnkousuana3

 

こどもたちは、蛇ヶ洞川の水辺生物観察会を行いました。

20130630jinnkousuana420130630suanaseisou5

なお、巣穴清掃前に、付近の河川内のゴミを、瀬戸オオサンショウウオの会と瀬戸市環境パートナーシップ事業所の大橋運輸株式会社の有志で拾ったところ、1時間余りの時間でこんなに採集されました。上流から流れ着いたものと思われますが、オオサンショウウオへの影響が心配です。 

20130512kasennseisou

 

 

6月26日

 

ここのところ夜7時半過ぎると、日向川の深みで80cm前後の1匹だけが毎晩のように観察出来ています。例年よく観察される場所では、今年になってからは一度しか確認出来ていません。(TT)

オオサンショウウオ0626 

 

 

 

6月25日

 

30日の人工巣穴清掃を前に、今日、半年ぶりに人工巣穴のマンホールの蓋を開けました。文化課職員立会の下、4か所開けて中を観察しました。いつも砂に埋もれてしまうNo.4(北端のもの)では、今年は埋もれずにプールとなっており、体長90cm以上と思われる1個体がいました (HS) 

 

蛇ヶ洞川の人工巣穴

 

jinkousuana20130625

 

人工巣穴No.4で発見された個体

suana20130625b

suana20130625c

 

 

5月11日

 
午前7時頃、我が町内の日向川で2匹のオオサンショウウオが出没しているのを確認しました。

2匹とも体長80cmくらいの個体でした。

前夜からの雨でやや増水したためでしょうか。

3月20日頃、日向川で今年はじめてのハンザキが確認されていましたがこの時も雨が降った翌日だったようです。

私にとっては今年になって見るのは今日が最初でした。(TT)   

 

 

1匹目の個体 

s-ハンザキ1.jpg

 

 

2匹目の個体 

s-ハンザキ2.jpg

 

お問い合わせ

文化課
文化財係
電話:0561-84-1093
スマホ版を表示