• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

新たに森林を取得したときの届出について

ページ更新日:2012年10月14日

 

森林の土地の所有者届出制度

森林法改正に伴い、平成24年4月1日以降、相続、売買等により森林の土地の所有者となった方は、取得した土地の所在する市町村長への事後届出が必要となりました。

 

届出の対象となる森林

愛知県が作成する「地域森林計画」の対象となる民有林
(該当区域は、瀬戸市役所産業課又は愛知県尾張農林水産事務所林務課にてご確認ください。)

届出対象者

売買契約、相続、贈与、法人の合併等により森林の土地を新たに取得した個人又は法人

ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出した場合は除きます。

 

届出の時期

所有者となった日から90日以内

※相続の場合、財産開始の日から90日以内に法定相続人の共有物として届出が必要です。

 

届出様式

森林の土地の所有者届出書

森林の土地の所有者届出書様式.doc(40.5KBytes)

 

添付書類

・取得した土地が特定できる図面(位置図、公図の写し等)
・登記事項証明書(写し可)又は土地売買契約書等、権利を取得したことがわかる書類の写し

  

お問い合わせ

交流活力部産業課農林係

TEL 0561-88-2654

 

尾張農林水産事務所林務課

TEL 052-961-7211(代表)

スマホ版を表示