• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

森林を伐採するときの届出制度について

ページ更新日:2019年5月1日

 

伐採及び伐採後の造林の届出制度

森林を伐採する際は、瀬戸市長に対して森林法に基づいた届出が事前に必要です。

 

届出の対象となる森林

愛知県が作成する「地域森林計画」の対象となる民有林

(該当区域は、瀬戸市役所産業政策課又は愛知県尾張農林水産事務所林務課にてご確認ください。)

ただし、以下の場合、同届出ではなく尾張農林水産事務所林務課にて許可申請が必要です。

  • 保安林及び保安施設地区における伐採
  • 1haを超える森林の転用(隣接地の合計で超える場合を含む)

届出対象者

森林所有者等、林業や開発行為等による立木の伐採をする権限を有する者

(なお、伐採をする者と伐採後の造林をする者が異なる場合は、連名での届出が必要です。)

 

届出の時期

伐採を始める90日から30日前までの間

 

様式

 

添付書類

  • 届出書提出者確認票
  • 位置図
  • 公図の写し
  • 求積図
  • 計画(利用)平面図
  • 土地所有者が確認できる資料(土地登記簿全部事項証明書の写し等)

 

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告制度

届出に基づいて森林の伐採及び造林をした際は、事後に報告を行うことが義務づけられています。

 

報告対象者

森林所有者等、林業や開発行為等による立木の伐採をする権限を有する者

(造林に係る状況報告の場合は、造林をした者のみとしてもよい)

 

報告の時期

伐採及び造林の期間の末日から30日後までの間

 

様式

  • 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書[ Word ( 24KB)PDF ( 97KB) ]
  • 記入例(造林方法が人工造林の場合)              [ PDF(126KB) ]
  • 記入例(造林方法が天然更新の場合)              [ PDF(129KB) ]
  • 記入例(伐採後に森林以外の用途に供されることとなる場合)   [ PDF(126KB) ]

 

お問い合わせ

産業政策課

農林係

電話:0561-88-2654

スマホ版を表示