• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

瀬戸蔵ミュージアム

ページ更新日:2011年3月17日

| 企画展情報 | 販売書籍

 

やきものの博物館機能を備えた瀬戸蔵ミュージアムが、瀬戸蔵の2階と3階にあります。

 

瀬戸蔵ミュージアムは、やきものの博物館機能を備えた瀬戸蔵のメインとなる機能であり、また、「せと・まるっとミュージアム」の拠点となります。面積は、瀬戸蔵の2階と3階の二つのフロアを合わせて約1,800m2で、瀬戸市歴史民俗資料館の4倍以上の広さとなり、より豊かな展示内容となります。
2階部分には、せとものの大量生産で活気のあった時代の瀬戸をイメージし、まちの象徴である旧尾張瀬戸駅、陶房(モロ)、石炭窯、煙突などを配置しています。
3階部分は、1000年以上の歴史がある瀬戸焼の変遷を全長30メートル以上の大パノラマ展示で紹介しています。
来館されたみなさんが、この2階と3階にある二つの舞台で、やきものの歴史や人々の生活などを身近なものとして感じていただき、そしてやきもの文化のファンとなっていただくことを目指します。

 

瀬戸蔵ミュージアム 

 

瀬戸蔵ミュージアムは、瀬戸の伝統産業であるやきものづくりを核に瀬戸の特徴的な建物のジオラマ復元や窯業関連道具の展示、瀬戸焼の歩みなどを紹介するとともに、多様化する現在のせとものや新たなせともの像を提示する産業観光という視点に立った展示展開を行っていきます。

  • 開館時間 9時~18時(入館は17時30分まで)
  • 休日 12月28日~1月4日・月1回程度臨時休館あり(施設に直接お尋ねください。)
  • 入館料 一般/500円   年間パスポート/1500円
    高校・大学生・65歳以上/300円  年間パスポート/900円
    中学生以下・心身障害者・妊婦の方は無料
    ※20名以上は団体割引あり

瀬戸蔵ミュージアムに入館すると、平成13年に解体された駅舎を再現した『尾張瀬戸駅』が現れます。ここから瀬戸の街を巡り、瀬戸焼の歴史に触れていただくというストーリーになっています。
ここでは、窯業製品の大量輸送を期待された「瀬戸電」にもスポットをあて、平成16年1月、既に瀬戸蔵に搬入した瀬戸電車両モ754号を展示しています。
電車には実際に乗り、運転席に座っていただくことが出来ます。車内には、効果音が流れているので、「本当に瀬戸のまちに着いたような感じだ」と来館者のみなさんから好評です。

 

瀬戸電 

 

『陶房(モロ)』では、かつては瀬戸に多くあった1個のモーター動力で複数の機械を駆動させる装置を再現しています。主なものとして、 〈製土〉に必要な「フィルタープレス」・「クネットマシン」・「土練機」など、〈成形〉に必要な「機械ロクロ」・「泥鋳込み機」などです。その他、絵付・施釉場や天日干し場などもあり、やきものがつくられている窯場の雰囲気を感じ取っていただけます。また、明治後期(20世紀初頭)から昭和30年代まで活躍した石炭窯も高さ約9mの煙突と合わせて復元しています。これは市内に実際に残されている石炭窯と煙突をモデルとしました。
その他、「職人の知恵と工夫」というタイトルで、モロという建物に凝縮された職人たちのさまざまな知恵や工夫をお伝えする映像も用意しています。

 

陶房

 

『せともの屋』では、店先にせとものが置かれている雰囲気を再現し、せとものの豊富なバリエーションを見せる仕掛けを行っています。『せともの屋』の中に入ると窯業民具の展示コーナーとなり、瀬戸におけるやきものづくりの工程が分かるようになっています。
一方、『せともの屋』に面した通りを『中央通ギャラリー』と呼び、ここでは、多様化している瀬戸焼の現在の製品や作品を紹介しています。ここは、ミュージアム内における「せともの」の未来像を提案する場として位置づけ、「せともの」という言葉に、新たな意味づけを試みていきます。具体的には、技術力やデザイン性の高い製品、瀬戸・赤津・水野・品野の地域ごとの特徴のある製品などを期間限定で紹介する展示スペースとして予定しています。

 

 せともの屋

 

ミュージアム内の呈茶コーナーとして『蔵の庭』を設置します。来館していただいた方は、有料で抹茶などを飲んでいただくことが出来ます。
茶碗は黄瀬戸や志野など50点ほど展示されており、その中からご自身で茶碗を選んでいただくことができます。(※現在、営業は月1回程度です。営業日は施設へお尋ねください。)
また、隣接する『窯垣広場』では、休憩スペースとして来館者に利用していただくとともに、「ぬりえ」や「まき投げゲーム」などを楽しむこともできます。また、月1回程度、「型紙カードづくり」などのイベントも開催しています。

 

窯垣広場 

 

| 企画展情報 | 販売書籍

お問い合わせ

瀬戸蔵
瀬戸蔵ミュージアム
電話:0561-97-1190