• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

陶製牡丹文経筒外容器 (県有形(工芸))

ページ更新日:2011年3月28日

陶製牡丹文経筒外容器(とうせい ぼたんもん きょうづつがいようき)

  • 高さ:33.9cm
  • 平安時代後期
  • 所在地:南山口町(愛知県陶磁美術館) 所有者:愛知県

いわゆる猿投窯の焼成品で、高さ33.9cm、口径21cm、胴径24.2cm、底径25.2×25.2cm、11世紀末~12世紀前半ごろに制作されたと考えられています。
蓋は円筒形で大型のつまみが付き、外側に二重条文が施してあります。胴部も円筒形で、上・中・下段に二重条線が施され、上中条線の間に太いヘラ彫りで牡丹文様が巡らされていて、底部は隅切の四方板となっています。
この深く太い線彫りの牡丹文様の陶片が東山105号窯跡(名古屋市東山植物園内)から出土しており、猿投窯東山地区特有の良質な陶土が使用されていることからも、猿投窯製品と断定することができるものです。

 

(広報せと平成20年1月15日号「瀬戸の文化財第25回」より)

 

陶製牡丹文経筒外容器

お問い合わせ

文化課
文化財係
電話:0561-84-1811
スマホ版を表示