• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

生分解性プラスチック製印鑑登録証の保管方法と引換えについて

ページ更新日:2015年1月12日

生分解性プラスチック製印鑑登録証の保管方法と引換えについて

理由

瀬戸市では、平成13から16年度の間、印鑑登録証の材質を、焼却時にダイオキシンを発生しない生分解性プラスチック製のカードで作成しました。生分解性プラスチックは、環境にやさしい特性を持つ素材ですが、その反面、幾つかの条件が重なると生分解の速度が促進され、結果的に劣化が進みやすくなる性質を持っています。

最近、カードの劣化によって破損した印鑑登録証をラミネート加工したものと引換える事例が見受けられるようになりましたので、保管方法のご注意をするとともに、劣化した印鑑登録証については、簡便な方法で引換えができるようにしています。

対象となる印鑑登録証

印鑑登録証裏面の左下に「このカードは穀物からできています。土に戻り、焼却しても有毒ガスを発生しません。」の表示があります。

保管方法

この印鑑登録証を保管する際は、次のことにご注意ください。

  • 高温・多湿の環境をさける。
  • 折り曲げ等、物理的な負荷を加えない。

引換え

万一破損した場合は、次の方法で新しい印鑑登録証(ラミネート加工のもの)と引換えます。

取扱窓口

市民課、各支所・市民サービスセンター

市民サービスセンターにおいては、破損した印鑑登録証を預かり、後日、新しい印鑑登録証をお渡しします。

手続方法

・破損した印鑑登録証の持参により、同じ登録番号の新しい印鑑登録証と引換えます。(本人又は代理人でも可)その際、窓口に来た方の本人確認(運転免許証、顔写真付き個人番号カード等の提示)を実施しています。

・印鑑登録証の登録番号が判別できない場合は、新規の印鑑登録の手続きが必要です。詳しくはこちらをご覧になるか、直接お問い合わせください。

お問い合わせ

市民課
市民係
電話:0561-88-2591
スマホ版を表示