• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

協議で離婚するとき(離婚届)

ページ更新日:2020年5月22日

届出効力

届出により効力発生

届出人

夫と妻

※届出人による署名・押印がされた届書を、使者の方にお持ちいただくことができます。

届出先

本籍地または所在地の市区町村役場

必要なもの

 1.  届書(証人(成人2人)署名、押印があるもの)

       ※未成年の子がいるときは、親権者を決めて記入してください。

       ※離婚をすると、婚姻のときに姓を変えた方は旧姓に戻ります。婚姻中の姓を使いたい方は別に「戸籍法77条の2」の届出が必要です。

   2.  届出人の印鑑(認め印)※1

   3.  戸籍謄本(瀬戸市に本籍のある方は不要です)

   4.  届書を持参される方の官公署発行の顔写真付き身分証明書(運転免許証、パスポート、個人番号カード、特別永住者証明書、在留カードなど)※2

   5.  個人番号カード(氏または住所に変更がある方)※3

 

注意事項

  • ※1 印鑑は届書に押印されたものと同じ印鑑をお持ちください。(朱肉を使用するもの)
  • ※2 本人確認のために必要です。詳しくは本人確認のページをご覧ください。
  • ※3 瀬戸市以外に住民票のある方は、住民票のある市区町村に個人番号カードをお持ちください。
  • これは、瀬戸市にお届けされる場合の例です。
  • 離婚と同時に住所を移すときは、別に転入・転出・転居などの手続きが必要です。
  • 届出に関連して児童手当・児童扶養手当・子ども医療などの手続きが必要になる場合があります。

その他

 

お問い合わせ

市民課
戸籍係
電話:0561-88-2592
スマホ版を表示